明色化粧品の和漢化粧シリーズ

明色化粧品の和漢化粧シリーズは本当にクオリティが高い

私が過去に気に入って使用していた化粧品は明色化粧品の和漢化粧シリーズです。

 

少し乾燥肌気味である以外にはあまり肌トラブルの少ない肌で、何を使用しても特に問題はなかったのですが和漢粧に出会う前は資生堂などの有名メーカーの一万円近いジェル化粧水などを使用していました。

 

ある日、肌荒れがひどくて色々な化粧水を試していた友人の家に泊まった時に、この和漢粧を借りてスキンケアをしたところ、驚くほど甘いみかんの香りに釘付けとなりそれからはこの和漢粧シリーズをずっと使用していました。

 

スキンケア商品って、あまり高額のものだとたくさんつけづらいというイメージがありましたが、この和漢粧シリーズは高くても1000〜1200円位と非常に安く、また近所のドラッグストアでそれよりも安い値段で販売されていたので、引っ越してお店から遠くなっても地元に帰るたびにそのドラッグストアで買いだめしていました。

 

しかし、またいつものように和漢粧を買いに地元のドラッグストアに行ったところ、化粧水や乳液などの基本化粧品が補充しておらずあるのはジェルパックだけで、非常に嫌な予感がしました。

 

家に帰りネットで調べると、生産終了の文字が!

 

生産終了ということはそれだけ人気がなくなったからなのでしょうか。

 

あんなに良い香りで格安で惜しむことなくたくさん使えたのに、一気に生産終了となってしまいアマゾンやその他のネットストアでもわずかに残るばかりで非常にショックでした。
ほかの人はあまり化粧水にアロマ感覚を求めていないでしょうか。
無香料の方が売れるのでしょうか、長年愛用してきたこともあり、色々考えてもやはりしばらくショックで立ち直れませんでした。

 

最後の一本を使い果たし、似たような商品がないのか探しましたが、柑橘系の香りの化粧品を見つけても和漢粧ほど格安な化粧品に出会えることはありませんでした。

 

その後何年も満足してない化粧品を使い続けて数年過ぎた頃、和漢粧を教えてくれた友人から誕生日プレゼントとして化粧水が送られてきました。

 

株式会社ヴァーチュというところから販売されているドラマティカというミスト状化粧水でしたが、これがなんと和漢粧を思わせるようなみかんの素晴らしい香りでした。

 

まだ調べてないですが、これは和漢粧ほど安くはなさそうですが、気に入った化粧水を同じ友人にし得てもらうというのはなんだか不思議な縁でもあるので、生産終了になるまでしばらくはこのドラマティカでリフレッシュしながらスキンケアをしていきたいと思います。